スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTP関係の小説をですね


厳密にいうとお歌の話ではないのだけれども。
シリーズ作品である「MTPシリーズ」ですが、カナリアリズムのほうでちもちも小説を
書いていたのですけれども、モチベーション上がらないよね!小説見てる人なんているのかな?

っていう悲しみが募ったので、更新し易いピクシブにそっとあげました。
ものすごい潔い理由でごめんね!だって悲しいしょうがない!
いや、漫画より小説見難いでしょ、私も見難いと思ってたんだよね(黒背景だったからですごめんね…)

んで、ちょっと前にかいていたなんか量が多くなった小説を
ピクシブにあげてみました。

「死神というもの」/小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6569881

主人公は死神の「杉崎」です。
信号機の黄色い子ですね。赤と青な千代と化野もぴょこぴょこ登場します。

今回は死神視点をベースにたまーに他の視点からもえんやこらしながら
彼の過去のお話を掘り下げてみようかなと思って書いています。

そもそも終わるのかって話ですが
半分くらいはかけたような気もするので、ゆるゆる更新をつづけていこうかなーと
思っております。あ、もちろんこの話は序章も序章です。うん。

MTPの楽曲待ってんだよこっちはよ!って方には申し訳無いのですが
楽しんでいただけたら嬉しいです。ちなみに春M3の作業はバッチリ頑張ってますので大丈夫だよ!

ちなみにM3のスペースは春M3第二1Fう-40aです!はい!!!

この小説がちゃんと終わったらMTPシリーズのCDも出る気がします(笑)
のでので、こちらもどうぞ宜しくしていただけたら嬉しいです!
モチベーションあげてやんよ!って優しい方は良かったらコメントもお待ちしております><
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。